※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラム国の人質について 

ニュースでは日本人の人質事件ばかりです。総理官邸前では「安倍晋三は命を救え、安倍晋三はケンジを救え、安倍晋三は命を守れ、守れないなら、今すぐ辞めろ」とデモが始まったり、共産党の池内沙織衆院議員は、イスラム国の蛮行を批判せず、安倍晋三首相を批判したりとか。バカですねえ。ここで、相手の要求どおり身代金を渡したりしたら、イスラム国ばかりか、世界中の犯罪者が日本人をターゲットにします。個人では払えないような額でも日本政府が払ってくれると思われるでしょう。

さらに、国会議員の安部批判、これは絶対にやってはならないことです!! 人質の大切な命を自分の、または自分の政党の人気獲得のために使っていいのか。こういうことをする政治家、政党、賢い国民は選挙に入れてはなりません。

さて、私が(久々に)ブログ記事を書いたのは、上記のことを言いたかったからではありません。

この事件、「もしかしたら、」という違うシナリオが思いついたからです。

そのシナリオとは、ズバリ、後藤健二さんは、死刑にならないのではと思ったのです。
イスラム国、多分、ヨルダンの女性テロリストの解放など期待していないでしょう。ということで、「イスラム国は後藤健二さんを処刑するのでは。」と日本国民は思うと思います。

しかし、期限がたっても女性テロリストは解放されず、後藤健二さんの処刑の日が迫ってきます。覚悟を決めた後藤健二さんに手を差し伸べるのです。即ち、「コーランか剣か」と。絶望と恐怖の状態でこう迫られ、死を選ぶ人はそういないのではないでしょうか。

ましてや、安倍や日本は自分を救おうとしなかったのだと説き伏せれば、反日感情が生まれ、イスラム教に入信しイスラム国へ忠誠を誓う状態になると思われます。

このように思ったのは、今後、イスラム国から日本へ揺さぶりをかけるのに絶好の人材ではなかろうかと思ったからです。
彼の任務は日本への広報活動で、日本からの兵士や技術者を集めるために彼が日本語でネット配信をしはたらくのです。

いざとなれば、彼を日本へ送り返し、自爆テロでも起こさせれば、単なる処刑よりもものすごいインパクトになります。

以上がちょっとした懸念材料です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1542-05990571

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。