※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型パソコン Mini ITX (その3) 

ハードディスク取り付けです。

このケースは小さいので、自作パソコン作りの定石通り、マーザーボードの取り付け→ハードディスクの取り付け では、困難をきたします。

よって、最初はハードディスクの取り付けです。

今回の自作では、2TByteのRAID1の構成です。

この2.5インチHDD ST2000LM003 は厚さ9.5mmの薄さです。この薄さで2TByteの大容量です。

まず、SATA用の電源コードを結線コードで縛ります。
HDD取り付け

続けてSATAのデータ通信用のコードを取り付けます。
HDD取り付け

次に、電源コードを取り付けます。このSATAのコードはマザーボードの下をくぐらせる予定です。
HDD取り付け

コードを取り付けた状態でHDDを底面にネジ止めします。
HDD取り付け

この状態でもコードがごちゃごちゃします。これを綺麗にすることが肝心だと思います。こういったMini ITXの小型パソコンの電源はプラグインタイプ(KRPW-PT800W/92 REV2.0)がおすすめだと思います。この薄型HDDだと余裕で2スロットのビデオボードを積むことができます。

HDD取り付け
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1557-a1dba8e8

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。