※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景観を損なう!? 

今日は面白いニュースが二つあった。

『京都市の鴨川に架かる橋に落書きしたとして、京都府警南署は、同府亀岡市の私立大生(23)と京都市下京区の専門学校生(23)の男2人を、府鴨川条例違反容疑で、近く書類送検する方針を固めた。(読売新聞)』

よく街中でも、スプレーを使ったアルファベットの落書きを見たことがある。イタリアのローマなどはひどい。国鉄の列車など落書きだらけであったりする。確かに面白い字で書いたものあったりして、芸術(?)の一分野として確立されているのだろうかと思ったりもする。

ただ、自分の持ち物でもないのに勝手に書いて「芸術だ。」とのたまうのはどうかと思われる。
これは完全にguiltyである!!

さて、ご存じのように「梅図かずお邸」が周りの住人から「景観を損ねる」と訴えられたが、裁判所は住民側の請求を棄却した。これがもう一つのニュースである。

自分の土地に自分のお金で自由に建てられないのかと考えさせられる問題である。これも「景観を損なう。」という理由である。自分の敷地内だから何をしても自由じゃあないかと私は思うのであるが、例えば、近所にゴミ屋敷があったら、これは、反対したくなる。たとえ、「そこが本人の敷地内なので自由だ。」というのは納得できなくなる。なぜなら、臭いし、衛生的にも良くないからと言いたくなるのだが、そこは、突き詰めて言えば、「不快」の一言に尽きる。

景観を損なうというのも、「目に入って非常に不快」というのと同じで「臭いにおいで不快」と同じことである。

この程度を審議する裁判、非常に難しいのではなかろうか。こういう類、最終的には裁判官の主観が入ってしまうのである。「この程度なら許される。」「これは許されない。」この基準はどこにあるのだろうかと思ってしまうのであった。

(私自身は、梅図かずお邸、大いに結構であるが。)

--
TBSで大人気!骨盤ウォーカーベルト/A>

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/387-367f3021

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。