※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家について。 

家について、断熱性能を表すC値とQ値について語りたい。
先ず、C値について、これは家にどのくらい隙間があるかという数値である。単位は一般にc㎡/㎡である。これは気密性を示す。数値は小さいほどよい。

次にQ値であるが、単位はW/(㎡K)である。意味は気温1度あたり1平方メートル当たり、の家から放出される熱量である。これも数値が小さいほど、熱が逃げにくいという意味を持つ。

住宅会社のパンフレットでは、地域によって、この気密性、断熱性が異なった仕様になることがある。
地域の区分はこのようになっている。

つまり、次世代省エネ基準を満たしているから、この地域ではこの程度でいいだろうと住宅会社が考えている仕様なのである。

あたたかい地域でも、冬(または夏)を過ごしやすくするためには高断熱、高気密が望ましい。高断熱、高気密だと、夏のエアコンの効きもいい。

高断熱、高気密だと気をつけなければならないのが換気である。空気の入れ替えを行わないと、結露する可能性がある。

体外、こういった家は、どちらかと言うと、冬乾燥気味ではある。

日本の元来の家は、夏用の使用であったと思われる。障子などその典型である。また、日本の家は各部屋が薄い壁で間仕切りされている。

みんながいるところを間仕切りしてそこを暖房するというのが従来の家である。その空間はがんがん暖房をして、そこから別の部屋に行くと寒いというのは皆さんが経験していることだと思う。

最近の家は、リビングダイニングが主流である。これは、結構な空間を暖房、あるいは冷房をしなければならない。よって、断熱性能が要求される。

さらに、2階までの吹き抜けまでしようとすると、さらなる高断熱、高気密が要求される。
ここに、いろいろと書いてある。下手に高断熱、高気密をしないならば、吹き抜けはしない方がいいのかもしれない。

吹き抜けを考える場合、床暖房と、天井扇が効果的らしい。床暖房がいいのは、放射熱で暖める方式だからである。エアコンなどは温風を直接吹き付ける温め方であるのに対し、放射熱というのは周りの家具、床等を温め、そこから人体を温めるという方式である。これは、太陽が地面を暖め、のちに空気が温まる方式と同じである。

ただ、床暖房よりももっとお勧めなのが蓄熱式暖房らしい。業者に「お薦めですか。」とこっそり聞くと「かなりお勧めです。」と言っていた。ずっと前、行った家の設計者の一級建築士もこれはいいと言っていた。また、床暖房に関して、特にエコキューとを使った温水循環タイプのものは広さに限りがある。また、床暖房の上に無垢の床材を使うと隙間があくなどのデメリットもある。

蓄熱式暖房は、深夜電力を使い、ブロックを温める。その熱が部屋を暖めるという方式である。ヨーロッパではかなり普及しているらしい。短所は200kgぐらいあって重いということである。

とりあえず、家を作るときに考えねばならないのは壁の構造である。暖かさ、涼しさの快適性を求めるには、高気密、高断熱の壁が要求されると思われる。さらに、冷暖房の入れ方も重要である。

--
インプラントの良さ知ってますか??

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/390-6b5a4d94

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。