※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼酎好きのあなたへ 

本格焼酎という言葉をよく耳にします。

「本格焼酎」とは、「乙類焼酎」とも言われているお酒です。。
これは、名前のとおり昔から日本で造られてきた伝統的なお酒で、単式蒸留機で一回だけ蒸留するのが特徴です。またその中でも黒こうじを用いた沖縄特産の焼酎を「泡盛」といいます。

これに対して、「甲類焼酎」は、原料には特にこだわらず、廃糖蜜などを発酵させたもろみから連続式蒸留機によって純粋なアルコールに近いものを造り、それを水で薄めたお酒であります。


そして、「乙類焼酎」と、「甲類焼酎」を混ぜたものが「甲乙混和焼酎」と呼ばれるものです。

この説明からもわかるように「本格焼酎」は甲乙混和焼酎との違いがあります。

一般に「麦焼酎」とか呼ばれるものでも「本格焼酎」と言い難いものがあるようです。

本格焼酎は、製造過程からわかるように原料の風味や個性を豊かに残しているのが特徴です。

たまに、ビール、またたまに日本酒を飲みますが、「本格焼酎」も飲んでみてみたいと思います。

そういえば、花見をしたときに誰かが、非常に高い焼酎を持ってきたことがありました。みんな薄めずにロックで飲んでいました。私も飲んだのですが、非常においしかったことを覚えています。
その焼酎、あっという間になくなりました。

「焼酎って蒸留して作るのだから、麦でもイモでも蕎麦でもなんでも変わらないだろう。」と思っていましたが、多少考えが変わりました。

うまい焼酎を飲みたいと思っている人、表示をよく見て、「本格焼酎」である、「乙類焼酎」であることを確認してください。

甲乙混和焼酎との違いがある本格焼酎をどうぞ。

 

--
実績19年で8000本【北大阪インプラントセンター】



スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/403-f706beda

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。