※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河鉄道999 

ファミマ・ドット・コムとアニマックスから、提携第二弾として銀河鉄道999セル画入り楯が限定販売されます。

東映アニメーション株式会社の倉庫に眠っていた“蔵出し”のセル画を複製して作られています。

また、セル画だけでなく「999エンブレムメダル」「原作者・松本零士先生のサイン」「銀河鉄道111から999の紹介」なども盛り込まれております。

なんと、今日が2009年9月9日だからか、全3種類のセル画入りスペシャル楯は、2009年9月9日より999個限定で予約受付を開始するらしいです。(どうせなら、セル画も9種類にすればよかったかも。)

この3種類のセル画の中で、私は、宇宙(そら)に向かって旅立つ2つの999のセル画が好きです。確かに、鉄郎やメーテル、また謎めいている車掌さんのセル画もいいです。

しかし私は、こういうアニメもの人物より、メカニカルな描写が大好きなのです。松本零士作品としては宇宙戦艦ヤマトの波動砲の瞬間とかがいいですね。

ガンダムも安彦良和よりも大河原邦夫でした。(意味わかるかな) 宮崎駿も「紅の豚」の飛行艇はかっこいいです。

そういうわけで、セル画は、宇宙に飛び立つ999がいいです。しかし、どうやって飛ぶのでしょうかねえ。いまさらですが、列車である必要はあったのでしょうか。

しかし、銀河鉄道999には根強いファンがいそうですから、あっという間に完売されるのではないでしょうか。

鉄郎がカッコイイ、映画の方は、確か当時、「映画製作に数万色の色を使っている。」とかいう話題があったと思います。

最近では、コンピュータによるCGで複雑なアニメを作るらしいですが、当時のアニメは手書きじゃあないでしょうか。

そういう意味でも希少価値が出るのではないかと思います。気になる方は、銀河鉄道999セル画をどうぞ。

 







スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/596-6894e240

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。