※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北、磁北 

最近、土地に対して、家の間取りをどうすればよいのか、すっごく悩んでいる。(頭痛がするくらい。)

まず、「風水」なるものであるが、鬼門裏鬼門というのがあり、玄関、水場(風呂、トイレ、台所、洗面所)は避けるべきだというのがある。鬼門、裏鬼門というのは北東、南西に位置する。

そんなこと気にしなければしないでいいのであるが、気にしだすと気になる。まず、風水のいう北であるが、これは、磁北を意味する。

そもそも、地図上の北と方位磁針が示す北は違う。地図上の北であるが、これは、地球の自転軸上遠方の北極星を基準に決めている。

それに対し、磁北は地球の磁極により決められる。この磁極と自転軸は多少ずれている。さらに、ややこしいのは、この磁極、年々変化している。

家づくりでこの地場成分をどう出すかをお教えしよう。

まず、グーグルマップ、グーグルアースで自分の家の緯度経度を調べる。どちらも角度の秒まで出てくる。

次に、http://wdc.kugi.kyoto-u.ac.jp/igrf/point/index-j.htmlにアクセスして、緯度、経度、標高を記入する。そうすると、地磁気要素が出る。

この場合必要なのは、偏角というものである。私の場合、-7.149度と出た。これは、地図上の真北より7.149西側を意味する。

風水を考えるならば、これを基準にして、考えねばならない。これに、私が購入した土地自体が東西南北にきっちりしていなくてちょっと振れているので、これも考慮しなくてはならない。そんなことを考えていると、昨日、頭が痛くなった。(ここ数日、夜中の3時頃まで間取りを考えていた疲れもたまっていたのだと思う。)

しかしながら、このように「北」を考えていると、ふと不思議なことに気付いた。

それは、地軸の延長上に非常に都合よく、北極星があることである。しかも肉眼で見えるくらいの距離に都合よくだ。

地球から肉眼で見える距離にランダムに星を振って、都合よく地軸延長上に来るものなのか。

ある程度の大きさの恒星に、都合良い距離で自転しているために生命が生まれた。これ自体も奇跡的なことなのに、地軸延長上に星が・・・?!

(神様っているのかな?)と思ってしまうくらい私にとってのミステリーであった。









FX、お得に始めたいならココ!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: 北、磁北

そのミステリーを考えると
更に頭が痛くなりそうな…

考えると文明が発達する要素の一つに天文学ありと、
たまたまあった北極星が基準となって発達できたのでは?
もし北極星がずれてたら(北極星とは言わんでしょうが)
人類はここまで発達しなかったかも…
そう考えると地球はやっぱり奇跡の星ですね

コメントありがとうございます。

きーぼうさん、コメントありがとうございます。

もし北極星がずれていても、いずれ、「地球が自転している。」ということには気がつくと思います。ただ、そうなっていたおかげで発見が早まったかもしれません。
でも、かなり不思議です。(宇宙人が存在する惑星の環境(磁軸上に恒星があるかどうか)を調べると面白いかもしれません。)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/682-3f3b50c9

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。