※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSI Wind Netbook U100 メモリー増設 合計2GB 

UMPC(ウルトラモバイルPC)のRAMDISK増設のため、先日頼んでいたメモリーがアマゾンから届いた。

メモリーの箱

何ともまあ大きな箱である。

メモリーの箱

しかも、中身はこんなもの。

メモリーの箱

メモリーだけだとこんなもの。こんなことをしながら、「地球温暖化、二酸化炭素削減」とはいかに。アマゾン、アメリカの巨大企業だろ?こんな、過剰梱包していいのか?まあアメリカのことだからすぐ過剰に反応して、徹底的に梱包がなくなるかも知れない。アメリカ、それは極端な国である。

そんなことは別として、今回は、MSI Wind Netbook U100に関してのメモリー増設記事である。

メモリー増設

まず、裏返す。「穴を開けたら保障は効かないぞシール」が見える。

メモリー増設

メモリー増設 ブスッと穴をあける。これで補償は効かなくなった。

メモリー増設 裏返して、バッテリーを外す。ねじもすべて外す。

メモリー増設 赤で囲んだところが、メモリーである。MSI U100の場合、1GBは、オンボードとなっている。よって、増設には、+1GBすればよい。他のメーカーの場合は、1GBを引っこ抜いて、2GBを差し込まねばならないと思う。

メモリー増設 メモリーを差し込む前。
メモリー増設 メモリーを差し込んだ後。

メモリー増設 実は、ファンの近くのケースの裏ぶたに「ホコリ」が。これって、定期的にねじを外し、この誇りを取り除いたほうがコンピュータにとっていいかもしれないと思いました。

メモリー増設 BIOS起動。ハード的に2GBになっていることを確認。

memory_up.png RAMDISKを働かせないとき、OSが2GBになっていることも確認。

ramdisk_setup.png

Buffaro RAMDISKユーティリティを上記のように設定。あと、ろかさんが言っていたように環境変数、TMP、TEMPをD:\と設定。これは、マイコンピュータ→プロパティ→詳細設定→環境変数で、ユーザー、システム環境変数をそのようにした。

これで少しは、早くなったであろうか。日本語変換時の「変な現象(変換されず変な所へカーソルが飛ぶ現象。)」は多少緩和されたみたいだ。

  

FX、お得に始めたいならココ!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: MSI Wind Netbook U100 メモリー増設 合計2GB

箱の大きさには唖然( ̄▽ ̄;

メモリも1Gから2Gになると結構快適では?
ホコリはダストブロワー(スプレー缶みたいなやつ)で取ると結構いいです(壊れたPCが復活したこともあります(笑)

コメントありがとうございます。

ろかさん、コメントありがとうございます。

ほこり取りにダストブロワーですか。内部までちゃんと取れるのですか。よくデスクトップの内側を見ると、墨のようなほこりが・・・・。
ティッシュが何枚も必要でした。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/734-a6dd34ab

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。