※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超能力!!(透視) 

先日、超能力スペシャル2010というのをやっていた。

その中で、若手芸人を10日間合宿させ、紙コップ透視の訓練をさせていた。

紙コップ透視というのは、一つの紙コップの底に黒マジックでマークを付け、別のもう一つの紙コップをかぶせ、透視により、マークのついた紙コップを探すというものだ。

紙コップをかぶせれば、マークは全く見えない(と言っていた。)

まずは4個が5個の紙コップから選ぶ訓練がされた。失敗すると、味噌汁しか食べることができないというルールだった。

最終的には500個の中から1つを選びだし、そして成功した。

風呂に入っている時に考えたのだが、あれは、透視ではないのではないか。

と思っている。まず紙コップに黒マジックというところが怪しい。2重に重ねても、懐中電灯で照らせば、分かりそうである。

これがヒントである。人間の目、これは素晴らしいもので、車などの0.1mmのボディーのへこみが分かるようである。

「失敗すると、味噌汁しか食べることができない。」というひもじい思いをさせることによって、本能的に、目の最大限の機能が発揮させられる。

目では、微妙な紙コップの底の濃淡が区別できていたのである。しかし、普段の感覚では「見えていない。」という紙コップの微妙な濃淡なために、目から脳への伝達が、第6感的に「(見えないけれど)どうも怪しい。」という感覚で訴えていたのではなかろうか。

もし、透視ということを証明したいのであれば、光を一切遮断する物質、例えばお茶碗の裏にマークを付けるとかでやってみてもらいたい。

実際、あの番組を見て、3つ湯呑茶碗を出して、紙にマジックでマークを付けてそれを底にテープで張って夫婦でやってみた。

正答率は5割弱だったかな。証明するには紙コップでなくこのような陶磁器でやってみるべきである。

≪最新≫人気FX会社ベスト10

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/756-52dee2f8

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。