※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mahoroba 第2号 特集 妖怪と里のいきもの 

本と文学の新感覚読本の紹介の雑誌、 アートコミュニケーション まほろば第2号のお知らせです。

今回のテーマは「特集 妖怪と里のいきもの」です。このテーマ、かなり興味があります。私自身、河童って昔本当にいたのかもしれないとか思ってしまいます。

こういった、田舎独特の妖怪など趣があります。

また今回のまほろば、妖怪の権威、水木しげるのインタビューがあります。

私は、手塚治虫は好きですが、彼の妖怪漫画、「どろろ」よりも水木しげるのほうが迫力ある漫画を描きます。確か、手塚作品の雑誌の創刊号よりも水木しげるの「墓場の鬼太郎」(<--ゲゲゲの鬼太郎の前身)の雑誌の創刊号のほうが値段が高かったように思います。

偉大なる漫画家が今の世の中どんどんといなくなっている中でいまだに御存命なのは彼ぐらいではないでしょうか。

ほかにもまほろば民芸館というコーナーで「こんなにあった! 天狗の民芸品 鞍馬、高崎、高尾山」というのがあります。

テレビで見ましたが、天狗というのは実はユダヤ人だったという説を私はひそかに信じています。あの鼻の高さ、中にはくちばし形の天狗がありますが、あれはユダヤ人の鉤鼻ではないでしょうか。

まほろば第2号、かなり興味ある雑誌です。



FX、始めるなら今!
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/768-bb6ca5d1

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。