※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生バッテリーのススメ 

twitterで「車 バッテリー」として検索すると、「バッテリーが上がった。」というつぶやきがよく出てくる。

ところが実際バッテリーの交換となると、2万以上するもので、突然の大きな出費である。

そもそもバッテリーというものは、充電して使うもので、バッテリー自身、液の比重を調整したりしてメンテナンスをするものである。

ここで、再生バッテリーというものがよくネットで紹介されている。値段は、高性能の機種でもだいたい1万円以下である。社長のあいさつに、

「実は、一口にバッテリーと言ってもメーカーによって能力に違いがあります。
社長である私が本当に車に載せたいと思うバッテリーのみをラインナップしました。
安いからと言ってサービスや品質には妥協しません。」
と書かれている。

実際、家の車で車検に出したところ「そろそろバッテリーの交換ですよ。」と言われたので、再生バッテリーを購入して使っている。もう3カ月ほど経過したが全く異常はない。そもそも1年保証が付いている。
前の機種よりも性能のランクを上げてもバッテリーが5000円ほどであった。

「私は、再生品は使いたくない。」という輩は、新品を使えばいいと思うのであるが、中には「交換の仕方がわからない。」とか「交換が大変。」と思っている方も多いのだと思う。

実際、交換は5分ほどでできる。非常に簡単にできるのである。益城電池がyoutubeにバッテリー交換の動画をアップしているが再生時間は、5分20秒である。バッテリーの交換の仕方を参考にしたい方はお勧めである。

なお、新品希望の方もこれを見て自分で交換すれば、工賃分だけ安くなる。






スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/806-19a4bd11

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。