※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚音楽学校の事件(その2) 

前回ブログの続きである。

Y田達、新タカラジェンヌの証言/特捜H

記事の中で

『最初に証言したのは、Sさんがコンビ二で万引きするところを監視していたT田さん。
「買い物カゴに入れた商品が持ってた黒い紙袋に入っていて、カゴの商品が無くなってたのを見たので間違い有りません」

2人目A本さんは「Sさんが万引きをしているかも知れないとWさんから相談を受け、委員に報告し監視するよう指示をされ、T田と2人で監視をした 」
2人ともSさんが店に入る時、持っていた紙袋の中に何も入っていないことを確認し、Sさんが何を万引きしたかの質問に、口を揃えた様に「五目おにぎりと惣菜を2個、ファンタオレンジを袋に入れた」』

という記述が気になった。まず、スーパーではなくコンビニで万引きをしようとする場合、『カゴ』を持つであろうか。『カゴの商品がなくなっていた。』とあるが、レジを通らず、カゴを置こうとする場合、少し不自然なので店員に気ずかれる恐れがある。もし、本気で万引きするならば、紙袋だけを持って実行するはずである。

この点に関して原告代理人は一人ずつ別々に証言を聞くようにしたらどうだったのか。ちょっとずつ矛盾が見えてくるはずである。「五目おにぎりと惣菜を2個、ファンタオレンジを袋に入れた」は、口裏を合わせやすい。さらには、「そのファンタは、缶であったかペットボトルであったか。ペットボトルは何mlのものであったか。どうして、ファンタでもオレンジとわかったか。惣菜の種類は何か。相手には気づかれないようにどうやって尾行したか。」と尋問するのも手である。

『4人目R丸さんは自分のドライヤーが紛失。Sさんの部屋で同型のドライヤーを見付け、製造番号を調べ私のだと確信する。』
普通、製品の製造番号などチェックするものであろうか。弁護代理人は、「では、その製造番号は何番か。」と尋ねればよい。即答できるものではなく、逆に即答できればおかしい。即答できた場合、「では、あなたの持ち物の○○の製造番号は何番か。」と尋ねてみるべきである。「ドライヤーはすぐ番号が出てくるのに○○についてはでてこない。なぜ?」と問い詰めるのも手である。

この裁判どうなることやら。この件が一件落着したら今度は宝塚が責められると思う。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/816-b3c988fb

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。