※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学級崩壊 

学級崩壊リポート非難され「ショックで通院」 (読売新聞)

 大阪府南部の市立小学校で、学級崩壊状態のクラスを巡り、学校側の不手際による保護者間のトラブルがあり、保護者女性の1人が精神的なショックで通院する事態になっていたことがわかった。

 女性は市に慰謝料など約1800万円の損害賠償を求める訴訟を起こしている。

 訴状や市教委によると、6年生のクラスで2008年5月中旬、授業が成立しない状態になり、学校側は保護者に授業参観を呼びかけた。訴えた女性は、5日間授業を見学。授業中の立ち歩き、掃除をサボった様子など、児童10人の名前入りでリポートにまとめた。

 学校側は、児童の名前をペンで消し、リポートを翌月の保護者会で配布したが、消し方が雑なため児童10人の名が特定された。10人の保護者のうち5人は、リポートを書いた保護者の名を答えるよう学校側に要求。校長が女性の名を伝えたため、女性は喫茶店に呼ばれ、5人から2時間以上にわたり謝罪を求められた。校長も同席したが、ほとんど発言しなかったという。

 女性は、急性ストレス障害と抑うつ状態の診断を受けたという。市教委は「つらい思いをさせた」と非を認めながらも、「訴訟への対応は検討中」としている。 (読売新聞)

この記事、今の世の中がおかしいことの代表事例である。

この学校、ここが一番悪い。学級崩壊の状態を保護者に見てもらうことであるが、これは何の意味があるのであろうか。
「あなたたち、親の教育が悪いからこうなっているのだ。」というのを見せたいのか。そもそもクラスをまとめれないというのは教師の力量が足りたいということで、「私は力不足でありますよ。」という恥ずべき行為をさらしている状態である。

リポートまとめ係の親の子供は、別に態度等がおかしくない子供であろう。授業態度の悪い親がこのようなリポート作成には加わらない。学校側としてはそういうやつら(親)にさせたかったのであろうが、そういうやつらはやろうとはしない。そのような親だからこそ、子供も変な子ができる。

学校側も大バカである。リポートを配布する場合、最新の注意を払わなければならない。また校長もアホである。リポートをまとめた女性の名前を決して言うべきではない。

なぜ、校長は、断固とした態度で、「学校において、集団生活ができない生徒を注意してなぜ悪い。」と保護者どもを注意しなかったのであろうか。

モンスターペアレントという言葉が生まれた昨今、実際問題、学校の先生がきちんとした態度を取れないことが諸悪の根源であろう。

私は日教組に断固反対である。あのYou tube の映像を見たが、なんか、差別とか、人権だとか言いすぎる。生徒一人一人の人権などと甘やかし、社会の授業などは基本的なことも教えず、「みんなで考えましょう。」的な授業をしているあほ教師がいた。こんな調子だと、生徒も図に乗ってくる。挙句の果てに子供が周りに迷惑をかけているにもかかわらず親も悪いわが子を擁護する立場をとっている。民主主義だの権利だのと主張する奴らのルールは言ったもん勝ちである。責められる前に責めろである。

校長が何も言わないとかいう記事を見ると、彼も日教組の一員とか言うような偏見を持ってしまう。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/829-92cad866

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。