※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIOS アップデート 

職場のパソコンを新しくして快適に使っている。

マザーボードはASUSのP7P55Dを使っている。

このP7P55D、windows上でBIOSのアップデートができる。できるのはいいが・・・。

本日、見てみると新しい3月25日版の新しいバージョンになっているのが分かり、早速ソフトで書き換えた。

再起動が必要とのことで、やってみると立ち上がらない。もう一回、電源を切り、立ち上がったのでBIOSを起動してみた。起動をデフォルトにするとすんなり立ち上がったが、立ち上がった時点でオーバークロックをかけるとハングアップ。

ここから、電源を切り、立ち上げようと何度も電源を入れ変えしてみたがうんともすんとも言わなくなった。

仕方なく、マザーボードのマニュアルを見て、CLRTCというところのジャンパ線をひっこ抜き差し替え、10秒ほどしてまた差し替えて起動すると立ち上がった。(ジャンパ線の入れ替えは初の試みであった。)

また、BIOSを最新版にして、再起動。BIOSからauto tuninngを行い、クロック数の最大値を決定した。このクロック数をもとにちょっと低めに設定し、OS上からturbo keyを押したときのみその最大能力を発揮するようにした。(要するに前やった設定をあらためてもう一度やる必要があるということ。)

BIOSをアップデートする時は、BIOSの設定値をデフォルトにしておかないと痛い目にあう!!




スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/832-d8d86d92

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。