※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくりプロジェクト発動!!(介護に適した住宅) 

今回は、実況ではなく、あらためて間取りを見直すこととする。

先日、「大改造!!劇的ビフォーアフター」を見た。母親の介護のためのリフォームだった。バリアフリーの熱血講談師、天野 彰という人の設計であった。

なかなか、かゆいところまで届く間取りであった。これから少子高齢化の時代に突き進む。このときに現れてくるのが「介護問題」である。

さて、我が家の新居は一応、「介護」ができる部屋設定にしてある。
家_その1

「いざ介護」というときは、真ん中の和室をその部屋に適用しようと考えている。

真ん中の和室はトイレにも近い。さらにリビングにも面しているので家族の目が行き届くようになっている。

この和室は、自分で設計した自慢の和室の一つである。締め切れば、客間、リビングとの間を開けば、リビング一体の大広間、介護のときには、介護の部屋となる。もし、こうなった時は、リビングの玄関よりの空間を客間としての応接空間にする。番組中、非常事態のブザーが部屋に備え付けてあったが、それは、インターホンのキットでも自分で組み立てて、夜寝る前にコードを長くして2階まで持っていけばいいと思った。

私の両親は、まだまだ元気なので、同居は全く考えていない。しかし、もしもの時の体制は整えているつもりである。自分の両親だけでなく妻の両親のことも考えておく必要がある。

テレビを見ながら、妻に自慢げに「俺の家も一応介護がいつでもできるようになっとるんで。」と言った。妻は、「うちの両親の介護が必要になったら、私は九州にしょっちゅう帰るようになるから。」と言っていたが、「実際どうなるかわからんから、いまからそんなことをいわんでもええが。」と言った。

これからの時代、介護とかを少し考慮した家づくりが望まれてくるのではないかと思った。








スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: 家づくりプロジェクト発動!!(介護に適した住宅)

私もさっき(録画していた)劇的ビフォーアフター見たんですよ。
9坪の狭い敷地に
介護する側
介護される側
どちらの立場も考えて設計してあるつくりに感動したところでした。
そして
自分の親をきょうだいで助け合ってみているところにも
また感動しました。

あとJTさんが
自分の親をはじめ
お嫁さんの親のことも考えている
ところにまた感動しましたよ。

お嫁さんが言われるように
遠方なんで
実際 同居が無理だとわかっていても
夫がそういうふうに言ってくれると
嬉しいものなんですよねぇ~。

コメントありがとうございます。

みちプリさん、コメント有難うございます。

> あとJTさんが
> 自分の親をはじめ
> お嫁さんの親のことも考えている
> ところにまた感動しましたよ。

お褒めいただきありがとうございます。私よりも、「旦那さん」をたててくださいねー。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/887-656e33ed

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。