※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくりプロジェクト発動!!(少しだけ反省) 

先週は、久々に激怒した気をもんだ一週間であった。


昨日も私ら夫婦は、家の設計図を見るところから一日が始まった。妻曰く、

「玄関横の柱がずれている。」

私、

「それくらい、えーが。とりあえず、この前、渡してくれた木組みの図を見せてくれ。」

じっくりとその木組みの図を見てみた。なるほど、上から設計していることがよくわかる。玄関上の屋根は構造上、ずらすことができないことが分かった。よって柱がずれてしまうのだ。柱をきっちりと対照的な位置に置くためには、2階の窓を小さくしなければならないことが分かった。

この図面を見て、かなり強固に、しかも、玄関わきの柱など単に玄関を止めるだけでなくこれも構造を支えるための重要な柱であることが読み取れた。

開成建設の社長、かなり優秀な設計士であることが分かった。上から下まで柱を通すこと、通せないところは下から2本の柱で等間隔に支えることという、かなり強度にこだわっていることがうかがえる。しかもなるたけ部材の無駄をなくすように設計されている。このような設計をしても我々、施主には理解してもらえないだろうなあと思うと気の毒に思えた。

私たちの担当の工務がだらしないばかりに社長に怒鳴りこんでしまったことに対し少しだけ反省した。

妻は、ずっと気にかけているようであった。それから、建設現場へ向かった。昨日、棟梁は休みであった。
少し離れたところから眺めて、やっと妻も「全く気にならない。」ということを認めた。

草ぬきをし、昼がきたので、「ほか弁でも買って、ここで食べようや。」と言った。

青い稲が茂っている風景を見ながら、食べるのり弁は格別である。暑い中、田んぼにはもうちらほらトンボが飛んでいる。しらさぎもいる。

また戸の付いていない玄関からも真正面に青い稲がずっと広がっている。これもまた絶景である。読者のみなさんに伝えるならば、玄関を開けるとすぐ先にずっと海が広がっているような風景である。

「この土地、後十年くらいこのままがええな。」と妻に言った。

私は弁当を食べた後、建設中のリビングで寝てみた。実にいい。天井を突き抜けそびえたつ大黒柱が実にいい。

熟睡はしないが、夏場でも結構涼しいところでうつらうつらした。妻は草むしりをしている。

妻が「結局、私が草むしりばかりするのよね。」という、愚痴で目が覚めた。私も少し、草を取って帰宅した。

先週は、開成建設に怒鳴りこんでしまって少し反省をしている。しかし、あのまま工事が進められたらと思うと少し恐ろしい。

この開成建設、部材としての木材、大工の腕、社長の設計とどれをとってみても素晴らしい。先週は、激怒し、事務所に怒鳴りこみ、社長も呼んで論議したが、開成建設を選んで間違いではなかったと確信している。

ただ、私の担当の工務が連絡不足、接客業務が未熟なだけであった。

彼には悪いが、私の担当の工務からは降りてもらわざるを得なかった。

家づくりに関して、棟上げまで済めば後は楽勝とは思わずに完成まで客であるこちら側も気を緩めずに行こうと思う。

人間、死ぬまで気を緩めてはいけない!!




スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/907-d46b13f4

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。