※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

940SC、bluetooth BT-HP02AD-DX 

940SCを購入して以来、結構その機能にはまっている。

早速、4GのSDカード、とBluetoothのヘッドホンアダプタを購入した。

BT-HP02AD-DX、これはいい!!
ただ、購入すると薄っぺらい説明書が付くだけである。

BT-HP02AD-DX(その1)

側面である。

BT-HP02AD-DX(その2)

もう一方の側面である。

BT-HP02AD-DX(その3)

何がいいかというと、電話機とこの小さな装置(5.5cmほど)、これが約10mの範囲内であれば聞くことができるのである。

列車の中で音楽ツールを聞いている人が多いが、ipodなど、曲がそれなりに入るものはそれなりの大きさである。
これが携帯に大容量のSDカードを入れその中に曲目を大量に入れてもほんの小さな装置だけで聞くことができる。

音量調整もでき、曲送り、曲戻しもできる。さらに電話がかかってきたときに、タッチパネルとタッチするだけで電話に応答できる。切るのも2回続けてタッチするだけである。ファンクションボタンを2回押すと、リダイヤルしてこちらから電話をかけることもできる。マイクも付いているので携帯が遠くてもかまわない。ヘッドフォンは付いていないが、自分好みのヘッドフォンを付けることができる。よってかばんに携帯を入れてこれだけを胸ポケットに入れるだけでよいのだ。

BT-HP02AD-DX(その4)

充電は、付属のUSBコネクタに変え、パソコンで充電する。駆動時間は5時間らしい。

940SCの場合、セットした後、メディアプレーヤーの設定でオーディオ出力は「本体/イヤホン」のままのほうがいいようである。Bluetoothを起動すると自動的にそちら側に切り替わるようになる。もし切り替わらない場合、電話側のメニューにBluetoothのマーク付きの「ヘッドフォンに接続」というタッチアイコンがある。これを押すと確実につながる。

昨日、設定に何度か失敗し、戸惑ったが、十分充電したのち、失敗してももう一度初期設定から繰り返せばつながると思う。

なお、このBT-HP02AD-DX、別に940SCに特化したものではない。Bluetooth機能を備えたパソコンやPS3でも使うことができるし、Bluetooth機能を持った一般の携帯でも使うことができる。

「私も使ってみたい。」という人は、まず、自分の携帯の型番を調べて、対応表に照らし合わせ購入した方がよい。



PLANEX Bluetooth Ver.2.1 EDR対応 タッチセンサ内蔵 ワイヤレスヘッドホンアダプタ (Class2/10m) BT-HP02AD-DX

新品価格
¥4,370から
(2010/8/21 15:10時点)




Bluetooth ヘッドホンアダプタ BT-HP02AD-DX
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: 940SC、bluetooth BT-HP02AD-DX

こんにちは。価格comから流れてきました。

通話品質も含め、かなり良さそうですね。
価格comのplanex下位機種レビューでは、
相手側で、本人の声が響いて聞こえにくいとの
指摘がありますが、そのあたりはどうですか?

いきなり来てぶしつけに質問…で申し訳ありませんが、
そのあたりの使用感についても教えていただけると
有難いのですが…m(__)m。

コメントありがとうございます。

susieさん、コメントありがとうございます。

相手側の品質がどうであるかよくわかりません。妻との会話で試してみたのですが、「よく聞こえるよ。」と言っていました。

携帯電話ですが、私の940SCに関して言うと、たまにこのBT-HP02AD-DXのFunctionボタンを押してもつながらない時があります。

その場合は、携帯側で音楽を再生し、bluetoothの「ヘッドフォンに接続」というボタンを携帯側で押すとつながります。

いったん繋がれば、このBT-HP02AD-DXで操作が可能となります。ただ爪をかけるくぼみがありますのでそこに爪をかけ、押すタイミング「短くポン。ポンポンといった感じ」をつかむことが重要です。

説明書に載っていたファンクション機能はすべてできました。音楽再生中の電話の受けもマークをめがけてポンとタイミング良く押す必要があります。切るときもマークをめがけてしてください。
そういった意味では、ここはタッチパネルではなく、機械的なボタン式のほうがいいかもしれません。

充電時間も長く、音楽をしょっちゅう聞くならばどちらかといえば、携帯のほうの充電のほうが頻繁になります。音量は最低レベルでもちょっと大きいくらいです。使うヘッドホンにもよるかもしれませんが。

はじめてのBluetoothなので高尚なことは言えませんがいいと思います。それを胸ポケットに入れ、携帯をかばんにという入れ方ができるのがかなりお気に入りです。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/925-15cf36d4

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。