※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくりプロジェクト発動!!(換気扇) 

家づくりが着々と進んでいる。

話し合いの中で、「換気扇は同時給排気タイプがいいですよ。」と指導してくれ、私たちが選んだタイプもそういうタイプのものだと思っていたら、なんと単なる排気タイプであった。

こういうのも棟梁がしっかりしているので注文する前に未前に見つかった。

高気密、高断熱住宅だと、一方的な排気というのは部屋のドアの開け閉めとかで障害がおこるらしい。
しかし、対面式キッチンだとあまりそのタイプの種類が多くない。

富士工業製のSFDR-903Vが我々の家ではいいのではと思っている。

高気密、高断熱住宅というのは、家によっては、24時間換気システムというものを設けている。確かに窓の開閉によって喚起をすればいいのであるが、開閉によって熱までも出てしまうのである。

24時間換気システムというのは、部屋部屋にダクトを通し、そこから外気を入れたり、室内の空気を出す。(なぜそうなるか分からないのであるが)高気密、高断熱の家というのは過乾燥になりやすい。そういう意味においても外気との換気は必要なのである。

最近のサッシには、ガラスの上にスライドさせて少し風を入れる通気口がある。これを開けておけば、自然に外気との換気がおこなわれる。

さて、話を少し戻そうと思うが、換気扇の中には「常時換気」という機能が付いているものもある。これは、換気扇の弱よりもさらに弱い風力で動かしたものである。これを常に動かしていれば、なにもあらためて「24時間換気システム」を設けることはない。換気扇自身が24時間換気システムなのである。

高気密、高断熱住宅の家をお考えの方は、換気扇も同時給排、常時換気という機能が付いたものを選ばれた方がよい。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/935-6aec906b

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。