※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ラーメン物語(その1) 

先週、出張で東京に行った。東京に着いてからとりあえず築地へ行ってみた。最近、私の好きな東京は築地になっている。築地といっても、市場ではなく場外市場がおすすめである。市場内は、高い鮨屋ばかりである。そのくせ込んでいる。場外市場のお勧めは、海鮮丼である。

築地

築地に着くなり、土砂降りとなった。この前、築地の「井上」というところでラーメンを食べた。場外市場には立ち食いのラーメン屋が2件並んでいる。圧倒的に井上のほうが人気である。その隣の大一というラーメン屋、親父がムスッとした顔をしている。店には阿藤快のサインがある。

大一

煮たまごが入って600円である。井上には入っていない。

大一ラーメン

ここも素朴でおいしかった。最近のギトギト系に比べれば、油が少なすぎる。しかし、それがいい感じである。肉もしっかり入っている。肉自身、脂身の少ない部位であり、上質のチャーシューに仕上がっている。煮たまごも中が半熟のものであり、味付けは良かった。わかめ、シナチクも入っている。隣の井上は、たしか尾道ラーメンぽかったような気がする。魚介系がよく効いていたからだろうか。

自称ラーメン評論家として隣同士のラーメンの場合、なんとなく味が似ているのであるが、ここ築地の2件は味は違う気がする。麺はどちらもちぢれ麺でこの点はよく似ていた。麺の卸業者が一緒なのだろうか。

井上はよく流行っているが、たまには大一も味わってみてはいかがか。隣に負けていない味である。

マグロ解体

近くのすし屋でマグロの解体が行われていた。


大きな地図で見る
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/945-aba240b7

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。