※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくりプロジェクト発動!!(経過報告) 

先日の月曜日、昼間に家を見に行った。いつもは私の場合、夕方~夜なので写真を撮ることができない。
とりあえず、明るいうちに外観をとってみた。

平成22年10月13日(その8)

平成22年10月13日(その1)

平成22年10月13日(その2)

平成22年10月13日(その3)

平成22年10月13日(その9)


平成22年10月13日(その4)

これは、大工さんに作ってもらった本棚である。高さは2mを超える。前面にはスライド式の本棚をはめ込むことができる。

平成22年10月13日(その5)

部屋の中から、外を眺めた様子。

平成22年10月13日(その6)

階段下の収納。本当は、掃除機をホースを外すことなく収納したかったのであるが、少しスペースが足りなかった。ホースを外すと収納できる。(はず。)

平成22年10月13日(その7)

我が家のベールが取れて、実は、詳しい開成建設のパンフレットが無くなった。「無くなった。」といっても実は良いことなのである。「ご自由にお持ち帰りください。」という何十ページかの冊子なのである。

いつも、簡易的なポストに残っていた。営業のWさんに「もっと薄っぺらい新聞に挟んでいる広告のようなものがええよ。あんなんじゃあ、ちょっと持って帰るのに気が引けるから。」と言っておいた。

何十ページかの冊子には、施工例(あんまりきれいな印刷ではない。カラープリンタで出しただけのもの)のほかに詳しい坪単価が書いてあったり、設備なども詳しく書かれているものである。

この冊子を持って帰るということはかなり、「契約」を考えている人なのだ。棟梁曰く、「私が朝ここへ来ると、どうもこの建物の周りをまわっている形跡があり、ポストを見ると冊子が無くなっていた。次のを補給しておいてとWさんに言っておいた。」といっていた。

開成建設、最近棟上げだらけである。(今日も棟上げなので棟梁は我が家の工事をしていない。)しかし、棟梁は、「開成建設ぐらいの規模で大工を沢山抱え込んでいるならば、もっと契約があってもかまわない。私自身、次の仕事を与えてもらわないと困る。」といっていた。

とりあえず、ベールの取れた「我が家」が出現したとたん、(ちょっと持って帰るには敷居の高かった)詳しいパンフレットが無くなってうれしい限りである。

途中、ちょっとしたトラブルはあったが、開成建設はかなり、いい会社である。昨日の晩遅くであろうか。営業のWさんがふすまのパンフレットを玄関先に置いていってくれていた。妻曰く「かなり質のいいふすまだ。」と言っていた。ふすま、フローリング、壁紙、タイル、カーテンをこれから決めないといけない。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/958-d1706433

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。