※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくりプロジェクト発動!!(経過報告) 

棟梁が撮ってくれた写真の第2弾です。

土間収納です。
平成22年10月19日(その1)

階段下収納です。
平成22年10月19日(その2)

玄関の框です。(材質は楓だったか。)
平成22年10月19日(その3)

書斎の本棚です。
平成22年10月19日(その8)

平成22年10月19日(その4)

ここが自慢のロフトです。といっても完璧な一部屋です。
平成22年10月19日(その5)

キャットウォークです。
平成22年10月19日(その6)

書斎備え付けの机です。
平成22年10月19日(その7)

ここは私が注文した部屋への通気口です。廊下からの冷風、温風を部屋に入れるための小窓です。一応「セントラルヒーティング構想」なのです。
平成22年10月19日(その9)

槇の木の大黒柱の下側をノミで刻み、床板をきれいにはめ込みます。
平成22年10月19日(その10)

棟梁はいつも丁寧な仕事をしてくれます。感謝です。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんちはー

凄いオシャレですねー。
しかも機能的にも、ちゃんと考えておられる。
木の良さを、まざまざと見せ付けられた
感じがします。
そして何といっても大黒柱が、とても渋いです。
やはり日本建築って美しいですね。
ウチは、ただのボロ家ですけど・・・・

コメントありがとうございます。

かかずユキさん、コメントありがとうございます。

カッコいいでしょー。どういうわけだか、家を作るようになってしまいました。
私自身、最初は、「徹底的にアパート暮らしをして、お金が貯まったときに作る。」てなことを思っていました。
妻と結婚して「そんなに長く?」とか言われたのでやはり自分の考えがおかしいかなあと思うようになりました。

とはいってもいつ作るというはっきりしたビジョンはなく、ことの発端はモデルルーム見学に行ったことがきっかけでした。これで作ろうと火がついたのです。とはいってもモデルルーム見学の時が厄年だったので「厄が明けてから。」と営業マンにしょっちゅう言っていました。

ダイワはしつこかったです。モデルルーム見学に行って、「今作らないと、金利が上がるからどうなるか分かりません。」とか「賃貸で支払っている分をローンに回せばいいですよ。これは、自分の財産として残りますから。」とかいう指導を受けました。

ダイワの人はおおげさなことを言っていましたが、いずれ、消費税10%になると思うので家を作る人はその前に作った方が無難だと思います。なんせ、今現在でも消費税がン百万です・・・。

今頼んでいる開成建設は、押し売りを一切しない会社です。こちらが契約をしようとしても「まだ早いです。」と断られた会社です。契約の前に間取りを作っては見てもらい、また間取りを作っては見てもらいと繰り返し会社を訪れたものです。

かなり親しくなったので「いい大工つけてよ。」とか頼みやすかったです。おかげでかなり家に関しては詳しくなりました。間取り、工法、断熱方法、風水、設備等々。

最近は家の記事が多いですが、またよろしかったら見に来てください。

Re: 家づくりプロジェクト発動!!(経過報告)

書斎の本棚けっこう大きいですよね。
たくさん本が並べられそうな・・・・・・
本をたくさん持っているだなぁ~と
想像してしまいました。

我が家は、
同居を視野に入れた
マイホーム計画へ向けて
主人が情報収集を再開したようです。

コメントありがとうございます。

みちプリさん、コメントありがとうございます。

いよいよですね。「みちプリ家 家づくりプロジェクト発動」ですか。土地探し、間取り等しっかり考えて考え抜いてください。そう急がずに。しかし、消費税が10%になる前には、契約までたどり着かないとだめですよ。
小計の後の消費税の額を見てびっくり!!。ン百万ですよ。ン百万!!。消費税で車が買えます。国は、消費税以外にいろいろと諸費用を取っていきます。また完成後には固定資産税が!!。

では、情報収集頑張ってください。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/961-81366b99

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。