※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくりプロジェクト発動!!(本気で家づくりを考えている人に!!) 

家づくりが順調に進んでいる。今振り返って思うことがいろいろとあるが、これは買ってよかったという商品はというと、3D マイホームデザイナーである。よく、住宅メーカーのうたい文句で「自由設計」というのをしきりと宣伝しているが、はたして、自分たちが設計した家が本当に住みやすい家であろうかと思う。

一般に自由設計と言われても住宅会社側が「こんな間取りはいかがでしょうか。」と言われ、「餅は餅屋だし。」と思い、それに決定する。最初、1年ぐらいは、「うわー。」という気分だが、だんだんと「ココがもうちょっと、こうだったら、よかったのに。」と不満が出てくるものである。

挙句の果てには「家は3軒建てないと満足いく家ができない。」と慣習的にのたまう。

そんな3軒も家を建てることができる人が日本に何人いるのであろうか。(多分、百~数千人かぐらいはいるかもしれない)、一般ピープルには無理な話である。

昔(と言っても大昔ではない)は、間取りを作るといったら、方眼紙を買い込み、消しゴムで消しながら書いたであろう。確かに大変である。

今の世の中、コンピュータというものがある。これを使わないのは宝の持ち腐れである。

確かに、3D マイホームデザイナー、一万円近くするソフトである。しかし、数千万円の家を建てようと考えるならば、家の資金としては千分の一以下である。これならば、消しゴムを使うことなく、バンバンと間取りを作ることができる。またできた間取りから、立体的な家も出来上がる。人とか車とかの模型もあるので、「ここの通路が狭い」とかの確認もできる。無料の間取りソフトもいくつかあるがはっきり言って使いづらいです。

最近の建て売りとかの間取りを見ると、明らかに収納が少ない。 大体が、ウォークインクローゼットで収納をまかなおうとしている。確かに衣類ならば収納はできるかもしれないが、生活していく上において、季節家電の収納だとか、キャンプ用品、ゴルフ用品、旅行かばん等々。多分、足らない、または暮らしていく上で足らなくなると思う。3D マイホームデザイナーの場合、家全体の面積に対して収納が何%になるのかも計算してくれる。(確か12%以上ではなかったかなあ。20%程あると余裕です。)

家を建てようとお考えの方は、これを買って、今からどんどんと間取りを作っていくのがよいことだと思います。そして、印刷で打ち出してこれを業者に見せて建ててもらうのが本当の自由設計の家だと思います。




3D マイホームデザイナー




スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんにちはー

このソフトは私も何度か手に取った事あります。
私の場合、家を建てるというより
背景や建物を描く上で「コレあったら便利だろーなぁ」
とか、たまに考えたりしますので。
何といっても「3D」というのがポイントですよね。
好きな角度から検証できるというのは魅力だと思います。
やはり良い意味で利用出来るモノは利用しませんと。

コメントありがとうございます。

かかずユキさん、コメントありがとうございます。

さすがですね。背景描写の研究頑張ってください。そういえばずっと前、弘兼 憲史の番組をしていて、彼は旅行先とかいろいろな所へ行くと写真を何枚もパシャパシャと撮るそうです。そう、すべて背景描写のためです。それ以来、彼の漫画を見るたびに背景までも見てしまいます。

そういえば、かかずユキさん、http://ameblo.jp/yohsuken/ のサイトを知っていますか。ちょっぴり怖い漫画のサイトです。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/962-2fce27f3

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。