※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンピュータ大改造(ターボブースト) 

新型コンピュータのCPU,メモリは以下のとおりである。

computer system

Windows7の64ビットにしたおかげでメモリ4GBも認識している。このCore i5 750、基本的なクロック周波数は2.67GHzである。

ところが、なにも負荷(計算)がかかっていないとき、1.18GHzで動く。なお、PC ProbeIIというソフトでCPU,マザーボードの温度、ケース内のファン回転数等をモニターできる。

AI SUITE1

これに負荷がかかると、2.76GHzになる。131×9が131×21となる。これがターボブースト機能である。

AI SUITE2

ファンも、ケースとCPUそれぞれに制御することができる。温度が上がると回転数が増すのである。

fan xpert

ちなみにスーパーπという円周率の計算ソフトを使って計算能力を調べることができる。

今回のデフォルトのクロック周波数だと、209万桁の円周率の計算に31秒かかる。

スーパーπ

BIOS、またはTurboV EVOというソフトでオーバークロックチューニングを行うことができるが、どういうわけだか、Windows7では、ターボブースト機能が働かず、ずっと高いクロック周波数のままである。



P7P55D-E



P7P55D-E+Core i7+メモリー4GBなら、こちらがお得!!






スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんばんわ

64ビットを使われてたんですか。
私は、もちろん32ビットの方を使用してます。
(使ってる、お絵描きソフトが32の方にしか対応してませんから)

ハードディスクは熱に弱いと聞いてましたが
ここまで熱管理してれば安心ですね。
あとフリーソフトとかも活用されてるんですね。
私もフリーソフトには大変、お世話になってます。
ウイルスソフトとか動画を見るソフトとか
フリーでも凄い機能のソフトがあるので侮れないです。

コメントありがとうございます。

かかずユキさん、コメントありがとうございます。

今回、記事にしたソフト、スーパーπ以外は、フリーソフトではないです。(といってもネットで無料で取ってこれるからフリー?)
ASUSのマザーボードを買うと付いてくるソフトです。もっともASUSのP7P55Dのボードを持っていないとソフトも機能を発揮しません。

今回、ハードディスクの温度をモニターしていません。CrystalDiskInfo(<-- これはフリーソフトです。)でモニターできます。

しかしですねえ、マザーボードしかり、CPUしかり、そしてハードディスクまでもが温度センサーを搭載しているとは。驚きです。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/982-207c2a70

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。