※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速聴ファイルに簡単変換「スピードリスニング2」 

速読という言葉を皆さんは聞いたことがあると思います。

実は速読、これはすごいのです。実際、テレビで速読をやっていた人にあることをやってもらっていました。

それというのはバッティングセンターでのバッティングです。確か150km/hの剛速球だったと思います。

速読の人に「打てますか。」と尋ねたところ、「打つことはできないかもしれませんが当てることは可能ですよ。」という返事が返ってきました。

バッティングフォームを見ると、野球経験が全くないなあというおばちゃんでした。しかし、驚いたことに、ピッチングマシーンから投げられてくる球をちゃんと打ち返しているではありませんか!!!

もちろん、ゴロですが、きっちりと打っていました。何球も投げられているのですが、空振りは全くなかったです。

本人曰く「球ははっきりと見えます。」とのコメントでした。


実は、速読、これは脳のはたらきを高める効果もあります。速読自体が脳を活性化するのです。

では、脳を活性化するために、日頃からのトレーニングとして何があるかといえば、速聴です。これは、速読よりも手軽にできるのではないでしょうか。なぜなら聞き流していればいいのですから。

「スピードリスニング2」は、CDはもちろん、音声ファイル、動画ファイルまで、倍速再生できるデータに加工してくれます。

これにより、倍速再生されたデータを聞くことで知らず知らずのうちに脳が活性化されること間違いなしです。

「スピードリスニング2」は、ドイツ生まれの音声倍速化エンジン「DiracEngine」を採用しているので、世界レベルの高音質です。また、速読・高速音声の権威 医学博士 斉藤英治先生にも推薦されています。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんにちは

速読に、そんな効果があるとは驚きですね。
私もバッティングセンターで遊んだ経験ありますが
素人の私では130キロの球でも当てるのが
精一杯だったと思います。
運動神経とは無縁の私ですが20代前半の
一番バリバリの頃で、そのザマでしたから。
スピードリスニング、ちょっと興味わきました。

コメントありがとうございます。

かかずユキさん、コメントありがとうございます。

この話、確か探偵ナイトスクープでやっていたように思います。
とりあえず、プロ野球の選手などは、動体視力を鍛えるために、バッターボックスに立つだけで、
球を見るだけのトレーニングをしていたように思います。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/996-4269bdcf

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。