※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理化学研究所の記者会見 

最近、コンピュータ上で今行われている記者会見を閲覧できる。凄いことである。

とりあえず、これを見て分かったことを記述する。

まずデータの改ざん。これはあった。いろいろ説明してみる。

電気泳動の写真、これはコントラストがはっきりしないからということで、コントラストを整えて隣に持ってきたらしい。これは、この業界ではやってはならないことらしい。

次に、文章のコピペ。
(F1, 5′-GTTGTTTTGTTTTGGTTTTGGATAT-3′; F2,……

このやつは、実験手順なので、誰が書いても同じような内容になるので論文剽窃にはならないらしい。

しかし、
Subconfluent STAP stem cells were arrested in metaphase by colcemid (final concentration 0.270 µg ml−1) to the culture medium for 2.5 h at 37 °C in 5% CO2. ……

はパクリだと言っていた。

それとD論画像の使い回し。これも普通ではやらないことである。理事長のノーベル賞受賞の野依さんもいたが、こういうことは起こらないことだと言っていた。「極めてレアなケース」というような説明をされていた。

まあ、昔の人は、デジタルな時代ではないのでデータの使い回しなどなかなかできない環境であったように思う。

しかし、今の時代でもコンピュータ上のデータの管理はきちんとするであろう。
こういった、D論関係、一応USBに残すかCDに書いておくか、とりあえず、フォルダーを作って「昔のもの」と最低限区別しておくものであろう。

しかも、この画像が結構重要で、今回STAP細胞を作る過程において弱酸性に浸して作るというのが趣旨であるが、D論の場合、この画像は違うストレスを与えての画像であり、趣旨がまったく違うものであった。

こういうことを、「やってはいけなかったこと」と自覚せず、やってしまった感が強い。

理研の皆さんの見解は、小保方さんは非常に未熟な研究者であまりにも杜撰であるという共通見解のようであった。
小保方氏には科学者の良識、常識がまったく見られない、信じられないようなことが起こったという印象を持っているようであった。

では、natureへの投稿論文が、改竄、剽窃であったと結論付けられるが、真理、すなわち、「STAP細胞はあるのか」という見解であるが、理研の見解では「第3者による実験でしか証明できない」ということであった。

新聞記者とのやり取りを見ているとどうやら「ES細胞の混入」ではないかと思われる。

杜撰な実験、データ管理等から見ると「ES細胞の混入」というのがもっともらしい。

とはいうものの本当に真理かもしれないが、この可能性はあまりにも低いのではなかろうか。

罪の意識は無いけれど、作為的にデータの改竄、剽窃を繰り返し作った論文なのに「結論は正しかった。」ということがあり得ようか。世の中そんなに甘くは無いのである。


小保方晴子「涙の電話」のその後。STAP細胞捏造疑惑の背景を考える 
2014年03月11日 10時00分
提供:エキサイトレビュー

今年1月にイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に、理化学研究所(理研)の小保方晴子・研究ユニットリーダーと米ハーバード大学の研究者らのチームが「STAP細胞」(刺激惹起性多能性獲得細胞)の論文を発表した。この論文をめぐっては発表からしばらくして、データに不適切な点があるとの指摘がネットを中心にあがっていたが、ここへ来て大きな動きがあった。3月10日、論文の著者の一人である若山照彦・山梨大学教授が「研究の根幹が揺らぎ、確信が持てない」として、論文の撤回を小保方ら共著者たちに呼びかけたというのだ。翌11日未明には、理化学研究所が論文撤回も含め検討していることが報じられた(「47NEWS」2014年3月11日0時50分)。

折しも3月10日発売の「文藝春秋」4月号には、「STAP細胞捏造疑惑に答える 小保方さんがかけてきた涙の電話」という、前出の若山教授へのインタビュー記事が掲載されている(聞き手は科学ライターの緑慎也)。そこで若山は批判の内容を、《一つは論文で使用した画像に使い回しや加工の痕跡など、おかしなところがあるのではないかという点》と《もう一つは小保方さんの実験が再現できないという点》に大きく2つに分け、それぞれ関係者の立場から弁明していた。

まず、実験が再現できないことについて、若山は当初から議論になることは想定していたという。若山はその理由として、1998年に自分が作製に成功したクローンマウスを例にあげている。この前年、イギリスの研究者グループが世界初の体細胞クローン羊「ドリー」の作製に成功、「ネイチャー」に論文を発表していたが、その後しばらく誰も再現実験には成功しなかった。そのため、論文に対し捏造だと疑われるほどだったという。だがその疑惑も、若山らの体細胞クローンマウスの論文の発表をきっかけに払拭されたのだ。

この体験から若山は、《科学の実証はそんな簡単なものではありません。発表して間もないのに、こんなに大騒ぎになる方がおかしい》と、STAP細胞の論文発表後の国内での騒ぎをやんわり批判する一方で、《僕たちが「(STAP細胞の)作り方は簡単。紅茶程度の弱酸性の液体に浸けるだけ」と強調しすぎたこと》に反省の意も示している。

だが、論文に不適切な点があったとすれば、実験を再現するどころの話ではなくなる。「文藝春秋」の記事中、若山は、論文に掲載された画像について一部で誤ったものを載せてしまったことを認めつつ、《パッと見れば明らかに間違いだと気がつくもので、偽装の意図はまったくなく、単純ミスのレベル》と述べている。またミスが生じた原因について、次のように推測もしている。

《掲載に至るまでに、合計四~五回は再投稿しましたが、ネイチャーの編集者や審査員が『ここはおかしい』『配置をこう変えろ』と何度も要求してくるたびに、小保方さんは写真を入れ替えたり、場所を移動したりをくり返した。とにかく大変な作業量をこなすなかで生じたミスだと思います》

ところがここへ来て、若山は上記のような見方から一転、論文の根幹となる写真に不信を抱き、論文を撤回したうえで外部の人間に検証してもらうべきだと呼びかけた。「文藝春秋」の取材を受けたのち、若山としてはおそらく引っかかるところがあって、再度自分なりに論文を検証した末に出した結論であったのだろう。その勇気には素直に敬意を表したい。

共同研究者、若山氏は何かに気が付いたのであろう。よって私なりに結論付けるに小保方氏は完全にクロである。

カエルCM中止 

<キリン>チューハイ「カエルCM」中止 未成年飲酒誘発?
毎日新聞 1月24日(金)7時30分配信

 キリンビールは23日、カエルのキャラクターが登場する缶チューハイのテレビCMを中止することを明らかにした。外部から「キャラクターを使った表現方法が未成年者の関心を誘い、飲酒を誘発しかねない」との指摘を受けたため。

 放送を中止するのは、17日に開始した缶チューハイ「本搾り」のCM。スーツ姿のカエルのキャラクターと俳優の大沢たかおさんの掛け合いで商品をPRする内容で、当初は26日まで放送し、その後、続編も計画していた。

 20日にアルコール問題を扱う団体から指摘を受け、25日から中止する。カエルの声優を当てる31日までのキャンペーンも、予定を繰り上げて24日に終了する。

 キリンは「指摘を真摯(しんし)に受け止めた。CMに関する社内基準を厳しくして再発防止に努める」と説明している。【横山三加子】

まるでバカである。カエルが広告しようと赤ちゃんが広告しようと「20歳までは飲酒禁止」は常識であり、カエルが広告しているので未成年が飲むかもしれないなど、知ったこっちゃない。

渋いおっさんが宣伝しようがなにしようが、ワルは飲む。ただこれだけである。

昨今、ゆるキャラブームが流行り出しているのでカエルのキャラクターを出しているのであろう。

この「ゆるキャラ的キャラクター」は子供向きのものであろうか。「くまもんかわいいー」とかほざいている若いネーチャンも二十歳を超えている。案外「アラサー」かもしれない。

よって、チューハイのCMにカエルを使おうが何しようが実質関係ないことである。こういうことを言う輩自体が今の現状を知らずにほざいているだけのことである。

こういうことは、昔の時代も言われ続けてきたことである。「8時だョ!全員集合」の頭の固い連中から「低俗番組」と言われ続けてきた。

しかし、昔と今で何が違うかと言えば、「番組の提供側、スポンサーが折れてしまう」ことである。批判されてもドリフはやり続けてきた。今になって彼らの評価は非常に高い。こういう根性が今の企業には無いのか?

そうまでして、世間の評価が気になるのかね?

今回は韓国の肩を持つ 

韓国は「科学的根拠に基づいた対応を」…菅長官- 読売新聞(2013年9月6日16時10分)

菅官房長官は6日午前の記者会見で、韓国政府が福島などの水産物の輸入を禁止すると発表したことについて、「汚染水の流出を受け、韓国政府に特に意を用いた情報提供をしており、科学的根拠に基づいた対応をしてほしい」と述べた。

 菅氏は記者会見で「水産物を含む食品は国際的基準で厳格な安全管理を行っている。放射性物質の検査結果が基準値を上回った場合は出荷制限され、市場に流通することはない」と強調した。

韓国の態度、当然でしょう。逆の立場ならば、日本もそういう態度を取るのではないでしょうか。

いまさら、言い訳したってねえという感じです。まず、菅氏が、「放射性物質の検査結果が基準値を上回った場合は出荷制限され、市場に流通することはない」と言っても、全数調査はしていないでしょう。無作為に選んだサンプルが合格ならば、「安全だ」といって流通させるのでは?

そもそも「事故は収束した」だの「安全だ」だの「影響はない」と散々言っておいて、だいぶ時間が経って「実は漏れていました」では、その言葉自体が信じがたい。

韓国の処置はまっとうだと思う。日本政府も東電に事故処置能力がなければ、国として即刻テコ入れすべきだったのだ。

まあ国政に関して経験知ゼロの民主党だったら何もできないかもしれない。

安倍もそういうことは重々認識しておいて、まず政権を取ったらやるべきは東電の国有化ではなかっただろうか。
そういう面倒なことは、東電任せにしておいたから今頃ツケが回ってきているのだ。

ましてや、原発を輸出するなどもってのほかである。原爆を受けた日本、原発事故を起こした日本、映画のゴジラを生みだした日本、(そういえば、松井も「ゴジラ」として輸出しているではないか。)そろそろ、世界から偏見の目を向けられてくるころである。

どうするのであろうか。また、事実を隠蔽しだすのであろうか。日本国民は騙せても海外メディアはだませないぞ。また、インターネットが普及している昨今、事実を隠蔽しても、日本国民は海外の動きで事実を知ることになるぞ。

多分、明日、日本はオリンピック候補地として落選するであろうが、「汚染水漏れ」を隠蔽したことの経済的損失は1000億以上じゃあないのかなあ。初期の段階で東電がケチりさえしなければ、また国が初期の段階で東電任せにせず、テコ入れをしていれば、こういうことにならなかったのに。

ところで、凍土方式、これも大丈夫なのか?土をずっと冷やさなければならないため、維持費が高いらしいぞ。また、こういうことを初めてやるらしいが、大丈夫か?この工事にも大手ゼネコンの既得権益がはたらいていないか? よこしまなことばかりやっていると、またぼろが出るぞ。安倍君よ。

面白くなってきたぞ。東京五輪誘致。 

まず、私は、東京五輪には反対です。ていうか、どっちでもいい。しかし、猪瀬やら石原やら安倍やらが必死になっている。ついでにマスコミも煽り立てている。多分国民の大多数は「どこでオリンピックやろうが関心は無い。」と思っていると思う。では、政治家やらマスコミが騒いでいるのは何かと言えば、経済効果である。これをやることにおいて莫大な見返りを期待している。

日本国中、全て経済中心でコトが動いている。原発問題にしたってそうだ。タンクに金をかけられなかったのも株主総会があってその前に赤字なことをしたくないからとか、参院選後に「汚染水漏れ」を暴露したりとか国民をあまり動揺させずに「事なかれ主義」を通すことこそ、株価大暴落を防ぐことができるのだ。

ここら辺がマスコミとグルになっていて、大スポンサー東電に対していつも遠慮がちの報道をしている。よって国民に大不信感を抱く結果となっている。

日本人は温厚な農耕民族なのでギャーギャー騒ぐこともない。これは義務教育の賜物であり、よく手なずけたものである。

さて、東京五輪誘致問題に対して雲行きが怪しくなってきた。

東京五輪 優勢一転 原発汚染水問題に質問集中も準備不足露呈 (スポニチ)

 注目の国際オリンピック委員会(IOC)総会は7日に開幕し、日本時間8日午前5時にはいよいよ2020年夏季五輪の開催地が発表される。これまで招致レースで先頭に立っているとみられていた東京だが、東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題を機に情勢は一変、まさかの逆風が吹き始めた。IOC内部でも東京開催に疑問の声が上がり、マドリードを有力とする海外メディアも出始めた。開催都市決定まであと2日。文字通りのラストスパートが不可欠となった。

 優勢とされてきた東京に暗雲が垂れ込めた。5日付の英紙タイムズは、東京電力福島第1原発の汚染水問題に対する懸念が高まっているとして、招致レースの「形勢が一変する可能性がある」と指摘。日本政府が今月上旬、汚染水対策として国費470億円を投入する方針を決めたのは、招致活動への悪影響を打ち消すためだとの見方を示した。IOC筋の話として今なお「東京が優位」とも報じているが、予断を許さない状況になった。

 風向きが変わったのは4日の会見だった。汚染水漏れに関して竹田恒和会長は明確な答えを持ち合わせていなかった。ある招致委員関係者は「6、7月は良かったけど8月に入ってからは…。汚染水の問題もある」と話していたが、東京の招致委が思っている以上に世界は放射能に敏感。5日の会見でも質問が飛び、馳浩衆院議員が「モニタリングの結果、問題はない」と説明に追われた。招致委内部から「政府の対応を説明できるように準備すべきだった…」との言葉も漏れた。

 汚染水漏れについては東京を支持してきた欧州の有力委員でさえ「重大な問題」と発言。東京寄りの別の委員も「(東京に)投票しない口実になる」と語った。汚染水問題を英BBC放送などが8月以降繰り返し報じていることもマイナス。アジアの委員も「不安感が募る。東京にはダメージだ」と語った。

 5日現在でブックメーカーでは依然として本命は東京だが、12年のロンドン、16年のリオデジャネイロとも2番人気から逆転した。実際、東京が前日までの1・7倍から2・1倍に“格下げ”となり、マドリードが3倍から2・4倍に上昇した。各ブックメーカーのオッズでマドリードは前週まで3番手扱いだったが、ここ数日でイスタンブールを抜いて2位に上昇。1位東京との差はぐんぐんと縮まっている。

 あるロビイストは「放射線の問題は五輪までの7年間で解決できるか分からない。経済危機は7年後には解決しているはず」とマドリード優位と見る。IOC幹部は「東京は倒れかけている。計画が最高なのは分かっているが、勝負は別」と指摘した。東京にとってこれからが正念場。荒木田裕子招致委員会理事は「一喜一憂している場合じゃない。やってきたことを信じるしかない」と話した。残された時間はあと2日。ベストを尽くして最終日のプレゼンに全てを懸ける。

 ≪理恵ら猛アピール≫5日の会見には競泳の入江陵介や体操の田中理恵、レスリングの小原日登美ら歴代のオリンピアン、パラリンピアン15人が出席した。スポーツの普及やアスリートの環境整備を掲げた「アスリート宣言」の内容を説明。64年東京五輪に選手として参加した川淵三郎氏は「前回はまだ日本は新興国だった。その頃と比べて日本のスポーツ文化の変化、街そのものの変化を見てもらいたい」と語った。

これ関連の動画がTBSのサイトにあったが今は無い。内容はというと、「東京は絶対的に安全だ」ということを必死で外国人記者団に訴えていた。最後には日本語で。

彼、竹田氏の発言は、何かに似ている。そう、枝野の「ただちに影響はない。」とか、御用学者の「安全だ。」とか言う発言である。こんな発言、いかに海外には通用しないということがお分かりであろうか。

もしも、(多分)、東京誘致が失敗し、スペインのマドリードに決定したとき、経済の「闇組織」の矛先は、東電に向くのであろうか。誘致失敗の原因は猪瀬の発言ではなく、このタイミングで露呈した東電の汚染水問題が原因なのである。

さて、面白いのは今まで経済優先主義で動いていた「同じ穴のムジナ」がムジナ同士、争うようなことに発展していきそうなことである。

東電と東京オリンピック誘致作戦軍(?)どちらの規模が大きいのだろうか。ちなみに後者は「多国籍軍」である。多国籍軍による「東電潰し」が始まるのであろうか。



この動画も西洋人から見ると「放射能浴びながら平和そうに暮らしとけ!!イエローモンキーが。」と見られているかもしれない。そんな意地悪なことを言わないまでも、うわべだけのきれいさ、オリンピック誘致に対して国民の熱意のない無機質さしか伝わってこない。(こういうアピールビデオ、最近ヘタクソすぎる。ぜひともやりたいという熱意が感じられないのは私だけであろうか。日々平穏ということだけしか伝わらない。逆にこういうのを見せつけられても「だからなに?」としか言い返せない。)

ところで、東京のスカイツリー建設もオリンピック誘致作戦の一環だったのだろうか? 東京五輪誘致作戦は石原都知事時代から続いており、招致が成功しないと今まで使ってきたお金が無駄になってしまうのだ。

今こそ「民意」を見せようではないか。 

野田がやっと「16日」に解散すると言い放った。

さて、「反原発」のほとぼり、そろそろ冷めてはいませんか。

大飯原発の再稼働、これは許すまじき政治判断だったこと。皆さん、忘れてはいませんか。

これにより、「官邸デモ」が行われたこと忘れていませんか。

このことは、決して忘れてはいけません。今こそ、今こそ、民意を見せつけるのです!!

そこで、再稼働に携わった人間列挙します。

4大臣会合のメンバー

野田佳彦…千葉県第4区

藤村修…大阪7区

枝野幸男…埼玉5区

細野豪志…静岡5区


あと、チーム仙谷

仙谷由人…徳島県第1区

斎藤勁…神奈川県選挙区

古川元久…愛知県第2区


(ここ参照)

事故が収束してないにもかかわらず再稼働させた大罪、許してはいけません。こいつらを次の選挙で受からせてはなりません。

今こそ、反原発の意思をきっちりと見せるべきです。

(過去のブログ記事参照)

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。