※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型パソコン Mini ITX (その5) 

JONSBO U2 Mini ITXを組み上げるとこうなりました。

組み立て

組み立て

配線作業が大変です。というのが、細かいところに指が届かない!!


最終的にBIOSで、HDDの2TBが2つ、メモリの合計が32GBを確認します。

組み立て

青い光が漏れるとこうなります。

組み立て

組み立て

サイドの蓋をはめてもこんな感じ。青い光が漏れてかっこいいです。

組み立て

これでめでたしめでたしといいたいところでしたが、前面のヘッドホン端子にヘッドホンを差し込んで音を出してみると、片方が聞こえないことが判明しました。

よくよく見ると、配線の黄色が切れていました。どうも、こういったケース、私はよく初期不良に当たります。またこのケース、買って時間は経つし、もう売られていないし、ということで、工作で配線をつなぐことにしました。

さて、いざ、配線をつなぐとなった時、今まで組み上げていたものをまた分解しなくてはならない状況に陥りました。

バックのファンから取り外して、電源を取り外して、マザーボードを電源の配線をつけたまま取り外して、ようやくフロントのファンのネジに届きます。フロントのファンを取り外して、パネル面のオーディオ、USB3.0の部品をケースから取り外すことに成功しました。

あとは、脱線したところをスズメッキ線を用いて線をつなぎました。一応、収縮チューブもかぶせました。

いったん組み上げたものを分解してまた組み上げると、効率よく組むことができます。

まず、オーディオ、USB3.0の部品をケースにねじ止めします。この手のケース、マザーボードの線の接続をまず一番にします。 SATAと電源コード、ファンのコードです。

次に、フロントのファンをねじ止めします。その次はマザーボード、次は電源、最後にバックのファンを取り付けると、あっという間に完成しました。一回目の作成と比べるとえらい違いです。

もう一つ、最後にビデオボードを取り付け、電源コードを取り付けます。

最初にマザーボードに線を接続するメリットは、指でしっかりと差し込むことができることです。

これを最後にすると、狭いところに指を突っ込み、ちょこっとはめ、あとは、ドライーバーか何かで上から押すことになります。これが大変な作業です。

小型パソコン Mini ITX (その4) 

Mini ITXの組み立てです。
まず、メモリDDR4 16Gbyte 2枚組み CMK32GX4M2B2666C16をマザーボードにしっかりと差し込みます。

U2組み立て

次にCore i7 6700K BOXです。

U2組み立て

マザーボードZ170I PRO GAMINGですが、まず、プラスチック枠をCPUにはめます。この時、裏の金属に触れないようにします。今までASUSのマザボで数台作ったのですが、今回からこういう作業が現れました。

U2組み立て


レバーを押しこめば、上蓋が外れます。

U2組み立て

U2組み立て

グリースはこれがおすすめらしいです。(MX-4 Thermal Compound (4 gr.)

U2組み立て

まんべんなく薄く塗ります。
U2組み立て

CPUクーラーHyper 103 (RR-H103-22PB-J1)を取り付けます。これは比較的簡単に取り付けることができます。

U2組み立て

U2組み立て

ファンを取り付けます。
U2組み立て

U2組み立て

次回はケースへ取り付けです。

小型パソコン Mini ITX (その3) 

ハードディスク取り付けです。

このケースは小さいので、自作パソコン作りの定石通り、マーザーボードの取り付け→ハードディスクの取り付け では、困難をきたします。

よって、最初はハードディスクの取り付けです。

今回の自作では、2TByteのRAID1の構成です。

この2.5インチHDD ST2000LM003 は厚さ9.5mmの薄さです。この薄さで2TByteの大容量です。

まず、SATA用の電源コードを結線コードで縛ります。
HDD取り付け

続けてSATAのデータ通信用のコードを取り付けます。
HDD取り付け

次に、電源コードを取り付けます。このSATAのコードはマザーボードの下をくぐらせる予定です。
HDD取り付け

コードを取り付けた状態でHDDを底面にネジ止めします。
HDD取り付け

この状態でもコードがごちゃごちゃします。これを綺麗にすることが肝心だと思います。こういったMini ITXの小型パソコンの電源はプラグインタイプ(KRPW-PT800W/92 REV2.0)がおすすめだと思います。この薄型HDDだと余裕で2スロットのビデオボードを積むことができます。

HDD取り付け

小型パソコン Mini ITX (その2) 

Mini ITX JONSBO U2のケースで超高性能パソコンを製作しております。

当初、ファンの構成は、「ケースが狭いのでケースファン(バック)とCPUファンで十分だろう。」と考えておりました。
しかし、

ケースファン(バック) 排気
電源 排気
ビデオボード 排気

となりますので、ケース内が負圧になります。
ケース内は、正圧がいいようです。負圧のままだと
埃がたまりやすいらしいです。

ということで、ケースファン(前面)を追加。これで、外部から吸気します。

ケースファン

ケースの主な風の流れは、ケースファン(前面)→CPUファン→ケースファン(バック)
という形で、外部に熱を排出しようと計画しています。

ケースファン
(吸気と排気で対面している。この間にCPUクーラーが入る。)

小型パソコン Mini ITX 

Mini ITX JONSBO U2のケースでパソコンを組上げようかと思っております。

構成要素はこちら。

Core i7 6700K BOX

Z170I PRO GAMING

CMK32GX4M2B2666C16
ST2000LM003 ×2
KRPW-PT800W/92+ REV2.0

Hyper 103 (RR-H103-22PB-J1)

光る!鎌風の風PWM DFS122512L-PWM-LED×2
ELSA GEFORCE GTX 960 2GB GD960-2GERXS
JONSBO U2

内部はこちら。
JONSBO U2 3

JONSBO U2 2

JONSBO U2 1

ケースのバックファンはサイズのPWM付きの「光る!鎌風の風PWM DFS122512L-PWM-LED」に変更。風量の調整のスイッチがありますが、マザーボードで制御するため取り外しました。

CPUクーラーはHyper 103 (RR-H103-22PB-J1)を使っていますが、今のところ、ケース内は余裕。
Mini ITXのいいケースがない。このJONSBO U2、特にシルバーはもう市場で売られておりません。
よく似たケース、RAIJINTEK 0R200008 (METIS シルバー)がありますが、個人的に好きではありません。
3月にFractal Design Define Nano S FD-CA-DEF-NANO-S-BKが販売されます。このケースなら「いいかな。」という気がします。

パソコン作成の続き、随時、組み立ての様子をブログに書いていきます。

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。